廃棄物処理ができる専用機械は購入出来る!

男性女性

仕分けをして再利用する

工事現場

産業廃棄物の1つでもある瓦礫には様々な種類があります。瓦礫と判断するレベルなのかわからないほど小さなものから、重量のある大きなものまでとても幅広い種類の瓦礫があるのです。それらが混ざって廃棄物処理場に運ばれてくるのですが、混ざったものを細かく選別する必要があります。これは国の法律で決まっており、とても細かい決まりごとを守って瓦礫選別を行なっています。また、瓦礫の中には産業廃棄物だけでなく、木の破片や砂などのゴミが混ざっていることもあります。これらを全て手作業で綺麗に選別するにはとても時間がかかりますし、根気と体力も必要になります。そんな時に瓦礫選別を自動で行なってくれる機械を利用するのです。機械を使って瓦礫選別をすることで、より効率的になります。また、瓦礫の中には怪我をする恐れがある危険なゴミも混ざっていることがありますから、機械で選別した方が安全面でも役に立っているといえます。

瓦礫選別を行なうことは、産業廃棄物を処理だけを目的としているわけではありません。瓦礫を綺麗に選別することで、処理するのではなく再利用出来る部品を探しだすことも可能になるのです。このように瓦礫の中からまだ使えるものを見つけて再利用することにより、部品を無駄にせずにすみます。瓦礫選別を行なってくれる機械には、ベルトコンベアーで稼働しているものが主流です。瓦礫選別を専門的に扱っている業者に依頼する会社もありますが、機械を購入して自社で選別をしているところもあります。